【お取り扱い店舗様突撃取材!】ODAGAWA FITNESS PRO GROUP編

皆様こんにちは。二階堂です。
沖縄も寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
気温の変化で、どうしても体調を崩しがちな時期ですね。
また、厚着期間が長引くと、ボディーラインを甘やかしがちになるのが世の常人の常・・・。
そこで、気も身も引き締めるために、その道のプロのもとへ訪れました。
本日はODAGAWA FITNESS PRO GROUP代表の小田川洋司さんへのインタビューの模様をしたためさせていただきます。

小田川洋司さんProfile

過去には全日本パワーリフティング、全日本ボディビルのチャンピオンの実績があり、パワーとボディー系でダブルでチャンピオンになった例は日本ではほとんどありません。
現在は在アメリカ軍の海兵隊を指導する傍ら、フィットネストレーナーとして最先端の情報を元に、お客様により効果のあるメソッドを開発中。
健康寿命に着目した、「プレアンチエイジング」も提唱しています。

1. 腸内環境を意識し始めたのはいつ頃からですか?
また、意識し始めたキッカケについても教えて下さい!

私は20代前半からボディビルを始めました。
食事は筋肉をつけるためにタンパク質を重視した西洋の方法で、1日に卵20個、肉1kgと、決まった量を毎日欠かさず食べていました。
当時、ヨガの先生が腸内環境の話をしていましたが、そのときはあまりピンときていませんでした。
しかし、40歳位のときに決まった量を食べることがしんどく感じてきて・・・。
内臓が疲れていると感じ今までの食事の仕方をずっと続けていていいのか?と考えたときに、ヨガの先生の腸内環境の話が腑に落ちて、年齢とともに食事のとり方や、それに併せてサプリメントのとり方も変えてゆくことが大事だと実感しました。

2. 腸内環境を整えることで、ボディーメイクにも影響はありますか?

カラダ作りは「運動・栄養・休養」の三原則のバランスが取れて初めて成果が出ます。
運動に関しては体にストレスをかけないと変わらない。
栄養の部分では、食事を気にするのは普通ですが、年齢を重ねるとどうしても吸収効率が落ちてくる。
内臓にはストレスをかけないように、食事の量が少なくても、きちんと身になるようにと考えたときに、腸内細菌バランスを整え、吸収効率を高めることが重要になってきます。

3. SOIL cureの普段の生活への摂り入れ方を教えて下さい。

私の自宅では自家製酵素ドリンクを作っています。
それに、SOILcureパウダータイプをスプーン1杯入れて、1日かけて700mlを飲むようにしています。
飲むタイミングはその日のスケジュール次第で変化しますね。
朝のうちにほとんど飲んでしまうこともあれば、夜にまとめてになるときもあります。
普段から食事を気を付け、+αで菌を補給することで、より効率の良いカラダ作りに繋がります。
遠征のときは手軽なカプセルタイプを持ち歩いていますよ。

4. 小田川さんが提唱するプレアンチエイジングとは?

中高年になってからアンチエイジングに取り掛かると、どうしても即効性を求めがちになり、急に負担をかけ過ぎたり、続かないものになってしまうことが多いです。
働き盛りの時期は、どうしても健康を二の次にしがちですが、中高年になる前の準備期間に健康的な体を維持するライフスタイルを身に付け、習慣化させることで、長く続けていけるものになります。
これを「プレアンチエイジング」としてみなさんに広めています。
年齢を重ねても経験値が増えることで知識や身体感覚レベルは若い頃より高くなります。
体力や食べる量が落ちても、経験値でカバーできるので、ストレスなくカラダを良い状態に維持する事が出来ます。
近年は平均寿命と健康寿命の差も話題になっています。
健康に生活できる期間を伸ばすためにも、それぞれのライフステージ、ライフスタイルにマッチし、無理せず続けられるメニューを習慣化することが大切です。
小田川さん、お忙しい中撮影とインタビューにご協力いただきありがとうございました。
何をするにもやはり体が資本になりますね。
健康を気にしたり、アンチエイジングに取り掛かるのはまだもう少し先の話かな・・・?と思っていた方も、今からかも!と思ったら是非ODAGAWA FITNESS GROUPさんに足を運んでみてくださいね♪
2019年11月13日(水)〜2020年3月31日(火)の期間限定でSOIL cure単品が50%OFFでご購入頂ける「翌朝スッキリ!体感キャンペーン」を実施中です。下記サイトよりご購入いただけますので、是非この機会にお試しください。

店舗情報

嘉手納本店
〒904-0203
沖縄県中頭郡嘉手納町嘉手納297-26-1F
受付時間:9:00~22:00
(完全予約制)
Scroll to top