カラダも耕す土壌細菌群の働き

皆さまこんにちは☀︎二階堂です。
今回はSOIL cure(ソイルキュア)の元となる土壌細菌群と腸内細菌の関係性についてお伝えさせて頂きます(*・ω・)ノ

腸内環境を整える王様・土壌細菌のチカラ

昨今良く耳にする腸内細菌や菌活といったワード。
健康にも微生物の働きの重要性が囁かれている中で、日本ではまだ馴染みの薄い土壌細菌。
しかし、欧米ではプロバイオティクス、マクロビオティクスの王様としてアンチエイジング・美容・健康の味方として『土壌細菌群』が広く認知されてきています。

私たちの根っこは腸。

人が誕生するとき、最初に作られるのは脳ではなく、腸。
そして、脳のない動物はいるけれど、実は腸のない動物はいないのです。
それだけ生物にとって重要な器官であるということですね。
近年の腸活ブームで、腸の様々な役割が認知されてきていますが、まず思い付く働きといえば、「消化・吸収」をして、栄養素を取り入れる窓口というもの。
体の窓口である腸は、消化管を通して入ってくる栄養を吸収し有害な物質は排泄しています。
ここで大事になってくるのが分解を手助けする腸内環境・腸内細菌です。
スーパーフードやスムージー、野菜をたくさん食べて、オーガニックのものを摂るように気を付けていても、それらがきちんと分解され吸収されていないとなるともったいないですよね。

吸収効率UP・代謝に重要なキレート化

サラサラな砂では、植物は育ちにくいもの。
植物の育つ土壌環境を作り出しているのも実は細菌たちなのです。
細菌たちは砂つぶの周りにバイオフィルムを貼りその中に住んでいます。
そして、枯れた植物や死んだ動物などの有機物を分解し、バイオフィルムの中にミネラルを埋め込みます。
このバイオフィルムの中に埋め込まれた状態をキレート化といい、この状態だと植物の根っこはミネラルを吸いやすくなります。植物と動物をミネラルまで分解する細菌全てがいると、団粒構造ができフカフカの栄養豊富な土ができます。
これをキレート化といいます。
この働きをする細菌たちこそが「土壌細菌群」です。このキレート化がきちんとなされる事によって、食物の消化吸収・栄養の体内への吸収を促し、代謝の活性化につなげます。
単一の菌ではなく、さまざまな菌群のバランスが重要です。

土壌菌の四つの分解菌群

セルロース分解菌群…野菜果物分解、変換し、ビタミンを作り出します。
実は、私たちの体ではセルロース分解酵素が作り出せません(>_<)
外から摂り入れる事が必要なのです。
・でんぷん分解菌群…穀物類を分解・変換し、糖を作り出します。
タンパク質分解菌群…肉や豆・乳製品を分解・変換し、アミノ酸を作り出します。この菌群がいる事により、乳製品へのアレルギー耐性も高まります。
・油脂分解菌群…脂や脂質を分解・変換し、コレステロール・エネルギーを作り出します。
・タンパク質分解菌群…肉や豆・乳製品を分解・変換し、アミノ酸を作り出します。この菌群がいる事により、乳製品へのアレルギー耐性も高まります。
自然界では、枯れた植物や動物の死骸などの有機物が分解され、豊かな土壌となります。
このコロニーのおかげで、動植物などの有機物からアミノ酸、ビタミン、ミネラルが生成されているのです。
皆さま、今日はどんなお食事をしましたか…⁇
定食、パスタ、コーヒー、ケーキ。。。( º﹃º` )˚✧₊⁎
私たちの食事も全て動植物から成っていますね(((o(*゚▽゚*)o)))
土壌菌を気軽に摂取し、エネルギー効率の良いカラダを目指しましょう・:*+.\(( °ω° ))/.:+

Scroll to top